ホーム > PC-FX( 1 件 )

RSSヘッドライン┃ω・`) FF15の旅はゼスティリアを超える!?

カテゴリ:PC-FX の記事一覧

PC-FXを語る:ハード編

pcfxs.jpg
海外サイトから画像拝借w
クリックすると別枠でデカイ画像を表示します。
PC-FXの性能
CPU32bit RISCプロセッサ V810(NEC製) 
クロック周波数21.5MHz
メモリメインRAM:2MB ビデオRAM:1.25MB ROM:1MB
CDバッファ:32Kバイト バックアップRAM:32KB
グラフィック最大表示色数:1677万色 解像度:最大320×240
スプライト:最大128個 合成画面数:最大9画面
エフェクト:回転・拡大・縮小・半透明機能
セロファン フェード・プライオリティ
動画再生:毎秒30フレーム フルカラー・フルスクリーン
動画圧縮:JPEG・ランレングス
表示画面分割・垂直・水平スクロール
サウンドADPCM2ch(再生レート3.9~31.9KHz)
波形メモリ方式最大6音、CD-DA
ディスクドライブCD-ROM 倍速
対応フォーマットPC-FX規格CD-ROM
音楽CD、CD-G、CCD-EG、フォトCD
インターフェイス映像出力:ビデオ/S端子 音声出力:ステレオ端子
PC-FX専用コントロールパッド端子:2ポート
拡張スロットバックアップメモリ増設用(正面)
機能拡張用(背面)メインメモリ増設用(底面)
記録媒体内臓RAM 32KB
PC-FXバックアップメモリパック 128KB
寸法&重量本体:(幅)132mm×(奥行き)267mm×(高さ)244mm
本体:2.9kg 専用パッド:200g
電源AC100V
添付品PC-FX専用パッドx1 AVケーブルx1

PC-FXの特徴
タワー型PCを彷彿させるデザイン。
32bit機の中で他にない動画専用のバスを搭載しテレビアニメさながらの動画を再生できるのが売りでした。
PS、SSで出た同ソフトのアニメーションを比べると明らかにPC-FXのほうが滑らかな動きで綺麗
まぁ作り手の腕も関係ありますが・・(´・ω・`)
その売りである性能を活かし動画が随所に使われてる作品が多い

PC-FXの弱点
32bit機の中で動画再生以外の性能が劣っていること
PCEよりほんの少し性能あがったくらいの性能
時代は2Dから3Dへと流れてるなか、ハードウェアでポリゴン処理ができないこと
ポリゴンは動画再生を活用して処理可能だったが作りにくく受け入れられなかった。
そのせいもありPCE時代のサードパーティのほとんどは他機種に流れていった。
他機種にあるキラーソフトがPC-FXには無く ソフトも人を選ぶ作品が多かった。
天外魔境Ⅲさえ 開発中止にならなければ販売台数もある程度伸ばせて
アニメーション機として生き残れたかもしれない(たぶんw


次回ソフト編(笑) (´・ω・`)