ホーム > PlayStation4 > 坂口氏の新作はPS4対応で3DのMMORPG?タイトルは「TERRA BATTLE WORLD テラバトル ワールド」か

RSSヘッドライン┃ω・`) FF15の旅はゼスティリアを超える!?

坂口氏の新作はPS4対応で3DのMMORPG?タイトルは「TERRA BATTLE WORLD テラバトル ワールド」か

mistnewtsi000.jpg

ミストウォーカーの坂口博信氏の過去の発言からMMORPGということと、
ゲームエンジンで有名なシリコンスタジオと組んだということで
現世代コンソールであるPS4やXboxOne向けであると考えられているみたいです。

うーん、この2社で据え置き用のMMORPGを作れるとは思えないんですがw
規模を小さくしてスマホであるようなものならできそうな感じはしますけど
大規模なものを作る資金なんてないと思いますし・・・(´・ω・`;)




おソースはこれデス
Final Fantasy Creator’s New Game Presented with 7 Years Old Art, is Possibly Terra Battle for Consoles
以下、適当翻訳(´・ω・`)


teramm000.jpg


数日前に、ファイナルファンタジーのクリエーター坂口博信氏と
ブレイブリーデフォルトを開発したシリコンスタジオが共同で新作ゲームの発表をしました。
発表には興味深い謎が含まれています。

teramm002.jpg

発表のためのプレスリリースで使われたアートワークは藤坂公彦氏によって
作られた美しい作品だがそれは新しいものではないのです。

そのアートワークは7年前にミストウォーカーのギャラリーに登場して、
当時はラストストーリーの次の作品の一部ではないかと考えられていました。
そこで彼に言及しましたがキャンセルされたクライオンプロジェクトのものであるか明確化しませんでした。

そしてそのアートワークの剣は、キャラクターデザインで参加した
ヨコオタロウ氏のスクウェア・エニックスのゲーム「ドラッグオンドラグーン3」で使われました。


teramm003.jpg


同アートワークは、テラバトルのコンソールバージョンのプロット「テラバトルワールド」にも使用されています。

テラバトルワールドはモバイル版とは全くことなるゲームであると考えれてます。
以前に坂口氏が地形や陣形をアクセントにしたMMORPGにしたいと言っていました。

※たぶんこれ → 電撃App 坂口博信氏インタビュー


teramm001.jpg

目標だったダウンロード数を数ヶ月前に達成しました。
従って、シリコンスタジオとのコラボレーションによる新作ゲーム開発発表は理にかなっています。

プレスリリースにはシリコンスタジオの技術が使用されると書かれています。
オロチゲームエンジンとMizuchiレンダリングエンジン(PS4上でスムースに動いている所を見た)
それらを現世代コンソールのゲーム開発をサポートする為に実装されるでしょう。

関連記事
13899:

宮部みゆき「史上最強のクソゲー?そりゃもうFF8」
宮部みゆき「史上最強のクソゲー?そりゃもうFF8」
宮部みゆき「史上最強のクソゲー?そりゃもうFF8」
宮部みゆき「史上最強のクソゲー?そりゃもうFF8」
宮部みゆき「史上最強のクソゲー?そりゃもうFF8」
宮部みゆき「史上最強のクソゲー?そりゃもうFF8」

2016.02.29 21:16 名無しさん┃ω・`) #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する