マイクロソフトがXbox360の生産終了を発表!在庫分のみ販売、Xbox Liveなどのサポートは継続

投稿 2016年04月21日
0
Xbox360
総合ゲームニュースXbox360XboxOneマイクロソフト
xbox360e00010.jpg

マイクロソフトが家庭用ゲーム機の「Xbox360」の製造終了を発表しました。

フィルスペンサー氏は、「Halo」や「Gears of War」などのフランチャイズの確率やXboxLiveの進化、Kinectのような革新的なことを勧めてきたが、10年以上も前の製品を製造し続けるのには現実的ではないと判断し生産終了を決定したとのことです。

前世代機で需要ないでしょうから、製造停止は妥当な判断ですね。DOAから始まりSO、インアン、ラスレム、テイルズといったRPGラッシュ時のソフトにはお世話になりました。

■今後の展開
・Xbox360オーナーは、オンラインマルチプレイやパーティ、アプリにアクセスができ、Games with Gold やDeals with Goldのように継続してサービスを受け続けられる。

・XboxLiveサーバーにオンラインアクティブのままあり続け、Xbox360ファンは完全なサポートによって遊び続けられる。

・ゲーマーは小売店やオンラインで4000以上のXbox360ゲームや周辺機器など、在庫がある限り、購入し続けることができる。

・どのようなXbox360のハードウェアも「xbox.com/support」でサポートされる。

・XboxOneの所有者は、下位互換性によってXbox360ゲームを追加費用無しに楽しみ続けることができる。

■Source:https://news.xbox.com/en-us/2016/04/20/xbox-360-celebrating-10-years/

なんか最後の一文だけ引っかかりますね。XboxOneの下位互換って全ソフト動くどころか対応タイトル数がここ最近増えてなかった気がするんですが…順次頑張って対応していくのでしょうかね(´・ω・`;)

YOU MAY ALSO LIKE
もっと見る
猫侍(管理人)
猫侍(管理人)

0 COMMENTS

There are no comments yet.

LEAVE A REPLY