XboxOneのeSRAM問題解決?Kinect用CPUコアを使うことでパフォーマンスを向上させ1080pを実現

猫侍(管理人)

xboxonek002010.jpg

マルチプラットフォーム向けに開発されている『ラグビーチャレンジ3』の開発チームにGamingBoltが、XboxOneのeSRAM問題について、どのように対応したか質問をしています。eSRAM問題は意外と簡単に解決したとか(´・ω・` 三 ´・ω・`)


【関連記事】
日本版IGN、生産終了記事で『もう、Xbox360のライフはゼロよ!』とファンを煽ってしまいタイトル修正


xboxonek00201.jpg
http://gamingbolt.com/xbox-ones-esram-issue-handled-fairly-easily-sdk-update-allowed-for-1080p-resolution-dev

スタジオはより多くのCPUパワーを得るために最新のSDKを使用していますが、それはパフォーマンスに影響を与えているのでしょうか?

「私たちはキネクト専用に使われていたコアを利用可能にする最新のSDKを使用しています、XboxOneにとっていくつかのより良いパフォーマンスが得られ、1080pで実行するのに役立っています。このRC3はXboxOneとPS4上で初めての取り組みとなりますが、我々はこれらを構築して機能とパフォーマンスを向上させることができると確信しています。」

キネクト専用に割り当てられていたCPUが使えるようになりマシ?になったようですね。KinectはXbox360でいい線いってたのでXboxOneで化けると思ってましたけど、そんなことは無かった!むしろ邪魔な存在だったという結果に(´・ω・`)
関連記事
Posted by猫侍(管理人)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply