ソニーのゲーム機が2016年の世界市場を独占、57%のシェアを占める!

投稿 2017年03月18日
0
PlayStation4
PS4SwitchXboxOneニュースソニー任天堂マイクロソフト
ps40010201.jpg

スイッチ発売されましたし、年末は蠍ですかー2017年はどうなるんでしょうね(´・ω・`)

IHS Markitによる最新のゲーム市場調査によると、2016年にコンソール市場は347億ドルに達した、2015年の356億ドルに比べると2.5%減しているがこれは、ハードの販売数と価格低下によるもの。

図1

2017年のコンソール市場の売上高は、ニンテンドースイッチの発売とマイクロソフトの「Project Scorpio」の登場により2016年の減少から回復する見込み。

ソニーが2016年のコンソール市場に対するシェアが57%と優位な状況で、その勢いが2017年も続くだろうとIHS Markitは予測している。

図2

IHS MarkitはPS4のライバル相手にあるXbox Oneと比較
プレイステーション4が5300万台、XboxOneは2760万台のインストールベースで2016年を終えている。ソニーのPlayStation 4コンソールは178億ドルの売上高、つまりXboxの総売上高の51%を占める。Xbox Oneは91億ドルと26%のシェアを占め、3番目の3DSプラットフォームは、26億ドルで8%に留まる。

図3

デジタルビジネスについては、任天堂は遅れてはいるがニンテンドースイッチの登場により地位を向上させるものになる。しかし、ソニーのPlayStation Now PS4対応やマイクロソフトのゲームパスの発表によって、新しいサブスクリプションサービスに押し上げており、ソニーとマイクロソフトはデジタルゲームコンテンツの収益化戦略を発展させている。

■情報元:Sony Dominates 2016 Console Market With 57% Share of World Market Value

ちゃちゃっと書きましたけど図がないと何を言ってんだろとなりますねw画像はソース元にありますので(;´∀`)

YOU MAY ALSO LIKE
もっと見る
猫侍(管理人)
猫侍(管理人)

0 COMMENTS

There are no comments yet.

LEAVE A REPLY