アストラルサイドゲームス

ARTICLE PAGE

Steam版『NieR:Automata (ニーア オートマタ)』 PC版は期待ハズレ?最適化不足や不具合報告も

nota0012087401.jpg

日付が変わったあたりから配信されたSteam版「ニーア オートマタ」ですが
海外の方で記事になっていたので取り上げてみました。

パッチで良くなっていくことを祈ります(´・人・`)


さらっと、書きます。


メニューナビゲートにマウスやキーボードでは操作が厄介
サブメニューを終了するためにエスケープを押す必要がある。

コントローラ設定のキーバインド変更は評価ができる。

オープニングにあるツインスティックを使ったシューティングセクションがマウスコントロールし難い
滑らかに円を描かず直線と斜め方向でギクシャク、地上バトルのマウス操作は問題がない。

1920x1080か2560x1080を選択したかどうか関係なく画面がが伸びる
調べたらニーアは21:9でレンダリングしている、メニューとUIがオーバーレイ表示されていない。

トリックとしてBorderless Gamingを使うことでフチ無し擬似フルスクリーンにできる。

ニーアは60fps固定でカットシーンが30fps。

Intel Core i5-3570、8 GB RAM、Nvidia GTX Titan構成で
グラフィックオプション全てONで60fpsをわずかに下回る、時には45fpsまで低下
1920x1080 60fpsを維持するためにはアンチエイリアスとアンビエントオクルージョンをオフにしなければならない。

GTX 1060のhighプリセット設定のテストだと地上で45-55fps、シューティングシーンで55-60fps。

公式の最小要件はGeForce GTX 770だが、
より良いカードを持っているSteamユーザーでも60fps以下のフレームを報告している。

自身のGTX 1080テストでは1440pで安定した60fpsを維持しているのでボトルネックが何であるかは不明。

クラッシュが頻繁にあるとSteamユーザーから報告がでているが、
私が2度起こったときの状況は両方共スクリーンショットを取得した直後だった。

オートセーブがないのでクラッシュによる悲しみを誰かが背負うことになるかもしれない。

■情報元:http://www.pcgamer.com/nier-automatas-pc-port-is-playable-but-disappointing/

MG 機動戦士ガンダムSEED プロヴィデンスガンダム G.U.N.D.A.M.プレミアムエディション 1/100スケール 色分け済みプラモデル
プロヴィデンスガンダム プレミアムエディション 1/100スケール 色分け済み
関連記事

0 Comments

Post a comment