【海外】ニンテンドースイッチの左ジョイコン接続不良問題 修理に出したところ改善したとの報告が!中には謎の物体が

投稿 2017年03月23日
0
Nintendo Switch
任天堂Switch
suiwwafimg01.jpg

遅延や接続切れがあると巷で話題の左Joy-Conですが海の向こうで進展があった模様。あくまで海外情報なので国内の場合どういう対応になるかわかりません(´・ω・`)

さらっと書くと、Nintendo Switchの左ジョイコンがゲーム中に停止したりと調子が悪いので、任天堂のカスタマーサポートに問い合わせ、ハードウェアを修理に出した。1週間も経たずに修理されて戻ってきた、見事に左ジョイコンが改善されてたという。発送前に分解した左ジョイコンと修理して戻ってきたジョイコンの中身が公開されています。

■修理前
nitenjoull001.jpg

■修理後
nitenjoull002.jpg

お分かり頂けただろうか…

YouTubeで話題になった「アンテナ類」が増設されているわけでもなく、何やら右下に発泡スチロールのような黒い塊があります!

この塊は導電性ウレタンらしくポータブル機器でよく使われていてRF干渉を防ぐ役割があるそうです。アンテナトレース上に配置されていることから、これのおかげで改善したのではないだろうかという話

物語はもうひとつあり、新しいジョイコンを比較対象としてAmazonから50ドルで購入。蓋を開けて中身を見たところ、違いはなかったがあの黒い塊がなかった。唯一変わっていのが基板上のシリアル番号でオリジナルの初期ロットと違っていた。

nitenjoull0031.jpg

推測としておそらく任天堂は製造プロセスを変更して生産しているのではないかという。このAmazonから購入したジョイコンからはBluetooth接続による非同期問題の発生がなかったそうです。

■情報元:Nintendo has an easy fix for the Switch Joy-Con desync issue
YOU MAY ALSO LIKE
もっと見る
猫侍(管理人)
猫侍(管理人)

0 COMMENTS

There are no comments yet.

LEAVE A REPLY