アストラルサイドゲームス

ARTICLE PAGE

ニンテンドースイッチ『スプラトゥーン2』のオンラインプレイはデータ受信量が少ない?1時間で150MB程度

sp2ninw001.jpg

ちょっと古い内容ですけど気になったので記事にしちゃいました(・∀・)


さらっと書くと、

Splatoon 2 Global Testfire(日本でいう試射会)でスプラトゥーン2をプレイしたときに、
サムスンギャラクシーをホットスポットにしてニンテンドースイッチと接続していた。
約60分間プレイしてからデータ通信量を見ると153MBだった。

カウンターストライクやオーバーウォッチといった作品のように常に低いpingは必要なく
データ使用量が比較的少ないのでスマートフォンのデザリング(T-Mobile 無制限LTEプラン)を使えば
どこでもオンラインができるんじゃないの?という内容です。


■情報元:Splatoon 2 uses about 150MB of mobile data per hour while tethering


あと違う所からの情報で、イカ2をパケットキャプチャしたところティックレートが12.5Hzだったそうです。
他のオンラインマルチがあるシューターゲームよりかなり低いことが判明しています。

この数値が高いほどサーバー側とゲームクライアントとの更新頻度が増え、画面上で発生するアクションがより正確になります。


・参考値
スプラトゥーン: 25Hz
オーバーウォッチ: 63Hz
CSGO: 64 Hz
Team Fortress2: 66 Hz
Battlefield One: 45 Hz
Rainbow Six Seige: 60 Hz


銃でドンパチするシビアなゲームでもないですし、そこまで気にしなくてもいいかもしれませんが
外に持ち運べる据え置き機ということで、外でもプレイできるようにイカ1より更に下げた可能性もありそうです。

まぁ、夏発売の製品版ではどうなるかわかりませんけどね(´・ω・` 三 ´・ω・`)



関連記事

0 Comments

Post a comment