PS4版『ファイヤープロレスリング ワールド』 アプデ1.03適用後、レスラー200体以上になるとデータを読み込めなくなる不具合で謝罪

投稿 2018年08月21日
0
PlayStation4
スパイク・チュンソフト
firepp001.jpg

2018年8月9日にスパイク・チュンソフトから発売されたPlayStation 4版『FIRE PRO WRESTLING WORLD』で、8月18日に不具合修正を含む、パッチ1.03が配信されましたが、アップデート適用後にさらなるバグが発生してちょっとした騒動になっています。去年発売されたSteam版では、そういった話がないのでPS4版のみの不具合みたいです。(´・ω・`)

『FIRE PRO WRESTLING WORLD』パッチ1.03を配信しました。 アップデートを適用してからのプレイをお願いします。
・DLCの不具合対応
・サブスクライブ及びアンインストールの不具合対応
・オンライン対戦終了時の不具合対応
・ファイティングロードでのエディット項目が一部反映されない不具合の対応


というファイプロ公式案内が8月18日にありましたが、ゲームをアップデートすると!!

■サブスクライブに関する不具合について

アップデート1.03対応後レスラーデータ/エディットデータを合わせて約200体以上になることによってセーブデータの容量が読み込めなくなり、ローディング画面から移行しない等の進行不能の不具合が発生しています。

現在原因の詳細を調査しておりますが、アップデートによる修正が行われるまでは、ユーザーの皆様には大変お手数ではございますが、所属選手以外のレスラーデータを全て合わせて200体程度でお楽しみください。

合わせてこまめなセーブデータのバックアップをお願いいたします。

https://www.spike-chunsoft.co.jp/fireproworld/info.html


firepp002.jpg

サブスクライブの不具合を修正したパッチを配信したら、サブスクライブに不具合が起きたというギャグのようで本当の恐ろしい話…。改善されるまで定期的にUBSメモリーかPS+のオンラインストレージを利用してセーブデータのバックアップを取っておきましょう。

以下の処理系統のフリーズ問題はゲームに影響を及ぼすために、上記より先に改善を図ったアップデートパッチを近日中に配信するとのことです。
・試合中のプチフリーズ
・オンラインマッチでの遅延
・7名以上の対戦での処理落ち

不具合や修正対応については、スパイク・チュンソフトのTwitterではなく、ファイプロ公式Twitterのほうに情報を集約させるためそちらで載せていくとのことです。

YOU MAY ALSO LIKE
もっと見る
猫侍(管理人)
猫侍(管理人)

0 COMMENTS

There are no comments yet.

LEAVE A REPLY