日本ファルコム、リメイクではないイース新作を開発中。ザナドゥのように古いIPを活用するアイディアもある

投稿 2018年08月26日
0
PlayStation4
PS4Switch日本ファルコムイースシリーズ英雄伝説軌跡シリーズ
touzanainfal001.jpg

フランスのゲームサイトActugaming.netの記事にある日本ファルコム社長 近藤季洋氏のインタビューからの情報になります。すごい適当なので原文を読んでください…。2018年9月27日発売の「英雄伝説 閃の軌跡Ⅳ-THE END OF SAGA-」で、軌跡シリーズは一区切りとなりますし、次に発売される新作ゲームはイース作品になるのかな?東亰ザナドゥ2あたりが来ると思っていたんですけどねぇ(´・ω・`)

nitennisa001.jpg

▼ニンテンドースイッチの話

Nintendo Switchが発表された時、面白いハードが出てきたと思いました。そして、日本一ソフトウェア アメリカからイース8をスイッチで発売したいという提案が来ました。私たちはSFCのイース5以来、任天堂ハードではゲームをリリースしていないので、良い機会だと思いました。他のゲームについても、条件さえ揃えば可能性はあります、私たちもたくさん残していきたいと思っています。

ニンテンドースイッチがメインハードになるかですが、それは「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」の成功にかかっています。当面、日本ではプレイステーションハードで発売を開始します。物事のバランスを取ることが重要だと思います。

ys8pac0002.jpg

▼日本ファルコムのゲームについて

私達は、東亰サナドゥのように他の古い日本ファルコムタイトルを復活させるアイデアは持っています。今は何のタイトルをするかという具体的なことは言えませんが、それを実現させるために努力をしています。

イースと英雄伝説、これらの2つと新規IPは重要だと思っています。シリーズ物にはストーリーがあり、嬉しいことに続編を待ってくれるユーザーがたくさんいます。一方で、成功するためには新しいノウハウを取り入れ、知恵を生み出すことが望まれています。

イースシリーズについては、新しいゲームに取り組んでいます。それはリメイクではなく新しいタイトルです。それはアドルについてであり、イースVIII直後の話になるでしょう。私たちはそのゲームを楽しみに待っていてくれることを願っています。

■関連:Notre interview avec Toshihiro Kondo, président de Nihon Falcom
YOU MAY ALSO LIKE
もっと見る
猫侍(管理人)
猫侍(管理人)

0 COMMENTS

There are no comments yet.

LEAVE A REPLY