プレステやサターンのゲームが動くレトロゲーム互換機「Polymega (ポリメガ)」予約開始もDDoS攻撃でサーバダウン

投稿 2018年09月06日
0
他機種&2ちゃんネタなど
総合ゲームニュースエミュレータ
polymegatt005.jpg

プレイステーションやセガサターン、メガCD、PCエンジンCD-ROM2やネオジオCDといった懐かしのCD-ROMのゲームが動く珍しい互換機ということで、注目度の高いレトロゲーム互換機「Polymega」ですが、予約受付サイトが何者かの攻撃によりダウンし、閲覧できない状態になっています。

ポリメガを販売する「Playmaji (プレイマジ)」曰く、昨日予約開始のアクセス数を想定してサーバーをグレードアップしたにもかかわらず、このような状況で、米ミズーリ州の悪意ある個人が1度に何百ものアクセスを繰り返していると報告しています。以下、ポリメガの説明です(´・ω・`)

追記:17時現在修復済み

Polymegaはベースユニットとエレメントモジュールと言われるアタッチメントに分かれています。

polymegatt002.jpg

CDドライブを搭載したベースユニット(メイン本体)では、プレイステーション、セガサターン、PCエンジン CD-ROM2、メガCD、NEOGEO CDのゲームが遊ぶことができます。

polymegatt001.jpg

それぞれ別売りの増設カートリッジモジュール(コントローラー付き)を購入することで、ファミコン、スーパーファミコン、PCエンジン、メガドライブを遊ぶことが可能となります。

polymegatt004.jpg

リージョンフリーなので海外ゲームが動き、ROMカセットやCD-ROMのゲームソフトをポリメガにインストールすることも可能です。発売日は2019年初頭、価格が249米ドル~となっています。※海外基準の仕様なので、サイズ違いのカートリッジなどは刺さらない可能性があります。

polymegatt003.jpg

日本語字幕付きのローンチトレーラーが公開されています。


去年の動画ですがネオジオCDの読み込みの速さを紹介、アベレージ60から80パーセント高速化するようです。


ポリメガは、既存のソースコードを流用しておらず、独自のハイブリッドエミュレーションで高い互換性を実現、著作権に触れるBIOSは使っていないとのことです。あと最強の法務部隊を置いてるとか…。本当にSEGA SATURNのゲームがまともに動くのか怪しい(´・ω・`)

■関連:POLYMEGA プレオーダーサイト

YOU MAY ALSO LIKE
もっと見る
猫侍(管理人)
猫侍(管理人)

0 COMMENTS

There are no comments yet.

LEAVE A REPLY