カプコン、デッドライジングシリーズを手掛けたバンクーバースタジオを閉鎖?主要タイトルは日本で開発か

投稿 2018年09月19日
0
他機種&2ちゃんネタなど
総合ゲームニュースカプコン
deadrjin9701.jpg

昨日、カプコンがゲームスタジオ・バンクーバーの「開発中止損約45億円を売上原価に計上する見込み」という開発中止損の計上に関するプレスリリースを出したのが記憶に新しいですが、開発スタジオの行く末に関する情報が出てきました。バンクーバースタジオの人員を最小限に減らし、何か開発の補助的な事をさせる為に残しているのかと思いきや、営業を停止しているという話題が海外サイトに載っています。

deadrjin9703.jpg

GameDailyがバンクーバースタジオに関する続報記事を出しています。GameDailyは、カプコンに問い合わせたところ、スポークスパーソンから同社のカプコン・バンクーバーの運営は既に停止しているというコメントを受けたそうです。

現在、カプコンは世界に通用するコンテンツ制作を支援する開発リソースの配分を見直していて、ゲーム開発の成長と効率化を重視する体制を整えているとのことです。このプロセスを踏まえて、カプコン・バンクーバーの開発タイトルを見直した結果、開発プロジェクトをキャンセルすることに決めたようで、主要タイトルの開発を日本に集中させる予定だという話です。

■関連
Capcom Vancouver shuttered despite publisher's overall record-breaking revenue
カプコンがデッドライジングのバンクーバースタジオの開発中止損を計上、開発タイトルの見直しか

deadrjin9702.jpg

カプコンって大阪に、モーションキャプチャー室や収録スタジオなどがある研究開発ビル2棟も建ててますから、そっちのほうに集中させて開発するんでしょうね。DEAD RISING 5があるとしたら大阪開発?(´・ω・`)

YOU MAY ALSO LIKE
もっと見る
猫侍(管理人)
猫侍(管理人)

0 COMMENTS

There are no comments yet.

LEAVE A REPLY