アリカの『ファイティングEXレイヤー』 Steamで配信&アーケードで稼働予定もクロスプレイは財源が無く不可能

投稿 2018年10月02日
0
PlayStation4
PS4PCSteamアーケードARIKA
arikastmac003.jpg

PS4で、2018年6月28日にダウンロード発売されたARIKAの格闘ゲーム『FIGHTING EX LAYER』のSteam版を発売すると発表してから、そんなに日が経っていないですが、PC版に加えてアーケード版も開発していることが明らかとなりました。Steam版は、具体的な時期が決まっておらず2018年 or 2019年配信予定で4K解像度に対応、アーケード版の稼働時期も未定です。アーケード版を開発することにした理由は、タイトーのアーケードゲーム基盤とSteamが同じOSを使っていたからだそうです。タイトーのNESiCAxLive2を使うみたいです。

あとは、Steam版が配信予定ということで、PS4版とオンライン対戦ができるのかが気になるところですが、その辺もARIKAの公式Facebookで語られています…ズバリお金がないんや(´つω・`)

arikastmac002.jpg

・PlayStation 4版の売り上げは、想定通りの利益を上げたが、ジャックポットのようなことはなかった。皆様のおかげで2キャラ無料で提供することができた。さらなる成功のために改善していく。

・検討を約束していたSteam版の開発に着手、しかし有償販売やシーズンパスを行っていないので、十分な開発費がない。

・Steam版に加えて、アーケード版の開発も行っている。タイトーのアーケードボードのOSがSteamと同じだったというのが最大の理由。

・PS4版のバージョン1.1.1を含め、開発チームは全力でこの3ハードでのリリースを目指している。

・クロスプレイについて
エントリーサーバー、マッチングサーバー、リレーサーバーを全世界に用意する財源がない。全世界で爆発的にヒットして、追加アイテムなどが潤沢に売れないと不可能。力不足ですいません。

■情報元:ARIKA official Facebook

arikastmac001.jpg

▼Steam版の今のところわかっている情報
・スクリーンモード:ウィンドウ、ボーダレス、フルスクリーン
・ディスプレイ解像度:1280×720,1920×180,2048×1152,2560×1440,3840×2160
・グラフィックオプション:描画スケール、シャドウ、アンチエイリアス、ポストプロセス。プリセット有り
sensono1.png

ということで、開発、発売ともにアリカ単独でやっているので、何をするにもキツイみたいですね。初報のとき、カプコンあたりと組んでやるのかと思ってましたけど、まさかのARIKA自社パブとはビックリ。そう言えば、スカロマニアの女性バージョン(CV.甲斐田裕子)が、SNKヒロインズにDLCキャラとして登場しますね(´゚д゚`)

YOU MAY ALSO LIKE
もっと見る
猫侍(管理人)
猫侍(管理人)

0 COMMENTS

There are no comments yet.

LEAVE A REPLY