PSVR プレイステーションVRのプレイ可能な範囲が判明!移動範囲を超えると警告するシステムも搭載

2016年03月25日
PlayStation4 0
psvr5214.jpg

GDC 2016でのSCEエンジニアによる講演で、技術的なことを含めて色々明らかになっています。本文は4Gamerからの引用になります。

プレイエリアが気になっていたのですが、狭い部屋でもカメラは認識するようなので、そんなに広いスペースは必要ないみたいですね(´・ω・`)

PSVRでは,VRコンテンツ側で設定した境界にユーザーが近づいたり,ユーザーの位置や向き認識に使う「PlayStation Camera」がPSVRを見失ったりすると,警告をVRコンテンツ側に知らせる仕組みが導入されていると,Norden氏は説明する。
 
なお,警告をどのようにユーザーに伝えるかはVRコンテンツ側に委ねられており,テキストで警告メッセージを出したり,あえて警告しないようにもできる。

PSVRのプレイエリアは,PS Cameraの画角と撮影能力で決まる。そのため,横方向の幅は1.9mほど,奥行きは0.6mから3mほどがプレイエリアとなるそうだ。

www.4gamer.net/games/251/G025118/20160324157


あと、興味深かったのがPS4が映像を作りHDMIで出力して、PSVRに表示されるまでの遅延が18ms未満。

PSVRと違う映像をTV画面に映し出せるセパレートモードは、PS4のH.264エンコーダを使うので映像関連のシェア機能が使えないとか。某界隈で有名なゼンジーさんの記事ですが、意外と奥が深い内容だった(´・ω・`)

関連記事

気に入ったらシェア!

猫侍(管理人)
Writer: 猫侍(管理人)
趣味のゲーム情報をメインにPCやアニメなどのネタも取り扱っています。簡単に言いますと管理人の気になることを適当に取り上げているブログというわけです。れ・い・わ!!

コメント0件

コメントはまだありません