FF15 ファイナルファンタジーXV ミドルウェア「Umbra」のライセンスを取得、フレームレート品質向上の一翼を担う

2016年03月26日
FINAL FANTASY XV 0
ff15ff00101.jpg

フィンランドのヘルシンキにスタジオを置く「Umbra Software」のミドルウェア「Umbra」の技術ライセンスをスクウェア・エニックスが取得したとして「Umbra Software」がプレスリリースをだしています。

FINAL FANTASY XVで使用されているようで、「Umbra」のオクルージョン・カリング技術がフレームレートのパフォーマンス向上に役立っているようです。30fps可変のFF15ですが30fpsで安定するように頑張って欲しいですね(´・ω・`)

umbra00000.jpg
umbra3d.com/about-us/press-releases/umbra-improves-frame-rate-performance-in-final-fantasy-xv

「Umbra」は、プレイヤーの視界に入らない見えない部分をカットしたりする隠蔽が得意で、ポリゴン数を抑え描写負荷を下げGPUの負担を軽減するカリング技術の最適化に長けているツールです。シンプルなAPIで使いやすくフレームレートの改善に役立っていると、FF15開発チームの話として載っています。

国産のゲームエンジン「OROCHI」にも組み込まれていたり、スクエニタイトルだとガンスリンガーストラトスでも使われているんですよね(´・ω・`)

■使用タイトル例
・コール オブ デューティ ブラックオプス3
・バットマン アーカム・ナイト
・クォンタムブレイク
・ウィッチャー3 ワイルドハント
・Destiny

▼関連記事
【動画】FF15 ファイナルファンタジーXV 30fps可変、解像度は発表会以降、クリア50時間は調整中など
関連記事

気に入ったらシェア!

猫侍(管理人)
Writer: 猫侍(管理人)
趣味のゲーム情報をメインにPCやアニメなどのネタも取り扱っています。簡単に言いますと管理人の気になることを適当に取り上げているブログというわけです。れ・い・わ!!

コメント0件

コメントはまだありません