任天堂のスマホゲー「どうぶつの森」「ファイアーエムブレム」も基本無料のフリー・トゥ・スタート(F2P)

2016年05月12日
iOS&Androidやアプリ 0
nintenfeabi0010.jpg

2016年秋の配信が予定されているスマホアプリ「どうぶつの森」と「ファイアーエムブレム」の2本もFree-to-play方式になることが明らかになりました。

去年の2015年11月12日に行われたDeNA決算発表会でも、任天堂と協業し開発しているスマホアプリは基本的にF2Pで行くことを想定していると言ってたので驚きはありませんね。ぶつ森はうまいことやれば一発当てれそうな気配はしますけど(´・ω・`)

nintenfeabi001.jpg
www.theverge.com/2016/5/11/11655722/nintendos-next-two-mobile-games-will-be-free-to-play

ソース元のウォールストリート・ジャーナルの記事によると、任天堂が次に投入するモバイルタイトル「どうぶつの森」と「ファイアーエムブレム」はAndroidとiOSでF2Pタイトルとして提供されるとのこと。

これまで価格など言及されていなかったが任天堂のパートナー企業であるDeNAの社長兼CEO守安功氏によって明らかになった。

2016年3月に基本無料で配信された任天堂初のスマートフォン向けソーシャルアプリMiitomoは1000万人以上のユーザーにダウンロードされている。

両タイトルは長年親しまれてきた任天堂のゲームタイトルだけに、スマホ展開でも優位に立てるだろうとWSJ

関連記事

気に入ったらシェア!

猫侍(管理人)
Writer: 猫侍(管理人)
趣味のゲーム情報をメインにPCやアニメなどのネタも取り扱っています。簡単に言いますと管理人の気になることを適当に取り上げているブログというわけです。れ・い・わ!!

コメント0件

コメントはまだありません