MicrosoftがWindows 7でのDirectX 12サポートを発表、BlizzardのWorld of Warcraftが対応へ

2019年03月13日
0
PCやオンライン関連
directx12win7001.jpg

マイクロソフトがブリザードのMMORPG「World of Warcraft」をWindows 7上でのDirectX 12に対応すると発表しました。これで他のゲームもWin7でDX12のゲームが出来るようになるんだ!と手を挙げて喜びたいところですけど、そんなわけでもないようで?(´・ω・`)


directx12win7002.jpg


マイクロソフト曰く、ユーザーモードのD3D12ランタイムをWindows 7に移植した。これによりD3D12の最新機能を最大限に活用できるようになるので、古いオペレーションシステムを持っているユーザーをサポートしたい開発者にとっての壁を排除できるようになる。ゲームパッチ8.1.5を当てることで、ブリザードのWorld of Warcraftは、DirectX 12 for Windows7を使う最初のゲームになる。

質問として、Windows 7に他のDirectX 12対応のゲームがやってくるのかという問いに、他のゲーム開発者と組んでWin7に移植する取り組みをしていると話しています。


directx12win7003.jpg
※この画像は本文と関係ありません。


と言う内容ですが、Windows 10のほうがAPIをより効率的に動かせ、DirectX 12に最適化されたOSなので、ゲーマーにはWin10のほうが良いよ!とアピールしてたりもしますw Win7DX12に対応するかしないかは、MS協力の元?メーカー次第なところがあるようですけど、ユーザーにとっては悪い話ではないですね。

Halo: The Master Chief CollectionのSteam発売決定や次世代Xboxの噂など色々と話題が付きないですね(´・ω・`)


関連記事
猫侍(管理人)
Posted by 猫侍(管理人)
趣味のゲーム情報をメインにPCやアニメなどのネタも取り扱っています。簡単に言いますと管理人の気になることを適当に取り上げているブログというわけです。れ・い・わ!!

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply