PCブラウザゲーム史上最高制作費12億円のエロゲー『MAGICAMI マジカミ』、一般版と18禁版のデータは共通

2019年04月03日
PCやオンライン関連 0
マジカミの遊倍いろは

Studio MGCMの処女作『マジカミ』の発表会が配信されていたので少しまとめてみました。マジカミはDMMのプラットフォーム上でプレイできるブラウザゲームです。一般版の「マジカミ」とR18の「マジカミ DX(デラックス)」の2種類があります。

記事にアウトとなるようなエロ要素はないですが、18禁版にも触れているので苦手な人は見ないでね(´・ω・`)

例のプールで新作ゲーム発表会情報


mgcmdmm003.jpg

1、たぶん国内PCブラウザゲーム史上最高制作費!


→ プロデューサーのジ・アブソリュートリー・パーフェクト・ワン氏いわく、こだわって開発したため12億円かかってしまった。当初は3分の1くらいの予定だった。

2、気軽に遊べるブラウザゲームなのに「人生を変える魔法少女体験」


→ おこがましいかもしれないが、人生を変えるような体験を提供するために作ってきた。そのへんのこだわりで開発費が膨らんだ。

3、前代未聞!?超豪華!!事前登録キャンペーン!


→ 400万円相当の豪華賞品が毎日当たるかもしれないスクラッチキャンペーン、童貞ガチャ一生無料キャンペーンなど。


mgcmdmm004.jpg

コンセプト


デザイン:「パワー」x「スタイリッシュ」=ポップ&ロック

ストーリー:「青春=可能性」x「バトル」=魔法少女

バトル:「爽快感」x「深い戦略」=ターン制3Dスキルバトル

主題歌、挿入歌の担当はGANG PARADE


mgcmdmm005.jpg


敵キャラのエネミーは、見た人が忘れないようなインパクトのある作りで、女性的なセクシーさやコスプレ映えするようなデザインにしている。


mgcmdmm006.jpg

キャラクター&声優


▼主人公&謎の少女
量とびお (CV:佐和真中)
カミサマン (CV:民安ともえ)

▼都立 有羽
遊倍いろは (CV:夏和小)
朝永花織 (CV:柊奈々)
袖城セイラ (CV:栖崎あんず)
百波瀬ここあ (CV:今谷皆美)

▼私立 武良穂
東山陽彩 (CV:琉花あか)
大鳥蒼 (CV:渦井ゆきの)
大鳥丹 (CV:手塚りょうこ)
雪船エリザ(CV:蒼依ハル)

▼私立聖チャールズ学院
槍水りり (CV:柳ひとみ)
環はなび (CV:とこたかとこ)
丘田マリアンヌ (CV:波奈束風景)
及川依子 (CV:鈴藤ここあ)


mgcmdmm007.jpg


見た目とは裏腹に各キャラクターに心の傷というか秘密を持たせている。例えば、朝永花織は進学に失敗し浪人、親からプレッシャーを受けストレスで拒食症に。大鳥姉妹は稀にある父親が違う腹違いの双子で、丹の場合、家にいる父が実の父でないため、家出しがちとなり、外で男性をを求めてしまうSEX依存症の過去を持つなど…


mgcmdmm008.jpg


バトルはターン制の3Dスキルバトル、熱いバトルや臨場感を再現するために3Dにした。ブラウザゲームで3Dをここまで動かすのには技術的にもなかなか難しく試行錯誤して今に至る。現段階ではブラウザゲーム最高峰の3Dだと言ってもいいかもしれない。

属性には強弱があり、火&水&雷の3すくみと光&闇がある。基本的にオートプレイでサクサクプレイできるが、強い敵が出てきた場合、スキルを一つミスったりするとピンチになったりと熱い戦いが出来るゲームバランスを狙っている。





事前登録やキャンペーン情報はこちら [MAGICAMI 【MGCM|マジカミ】 公式サイト]






<R18版>


mgcmdmm001.jpg


1、たぶん、世界最高制作費の成人ゲーム

→ もし超える制作費があったらスイマセン。

2、独自開発したシナリオエンジンによる多彩な表現と臨場感

→ リッチに作りたいということから、独自エンジンを開発。アニメの数を稼いだり、速度調整やカメラアングルなどを凝っていて臨場感のあるAVぽい感じになっている。

3、ラブラブからリョナまでバリエーション豊かなプレイ

→ 色々な趣向のユーザーに楽しんでもらうためバリエーションを豊富に。多数の体位とパターンあり。


P曰く、一般版とR18版はデータの連携がされているので、どちらから遊んでもOKとのこと




R18マジカミDXの公式サイトはこちら [MAGICAMI 【MGCM|マジカミ】 公式サイト]

関連記事

気に入ったらシェア!

猫侍(管理人)
Writer: 猫侍(管理人)
趣味のゲーム情報をメインにPCやアニメなどのネタも取り扱っています。簡単に言いますと管理人の気になることを適当に取り上げているブログというわけです。れ・い・わ!!

コメント0件

コメントはまだありません