SNKがNEGEO 2、NEOGEO 3の計画やCS版メタルスラッグ新作を開発中と発表、SNKヒロインズは全世界30万本の売上

2019年04月16日
他機種や2ちゃんネタなど 0
ソシャゲSNK

韓国でのゲーム事業を拡大し、KOSDAQ市場への上場を目指しているSNKが企業説明会を開催したみたいで、現地法人代表の전세환氏がプレゼンテーションを行っています。韓国語がわからないので適当です(´・ω・`)


전세환代表は、SNKを「ゲーマーに、より良いゲームを提供するゲーム会社にしていきたい」と表明し、「最近3年間の韓国モバイルゲーム企業は、困難な状況を経験しているが、その中でもSNKは成長を持続することができた。」とアピール。


snkkoria001011.jpg


SNKのIP契約件数は、2016年7月以前は10件だったのに対し、2016年8月以降のIP件数は28件、2019年度上半期だけで8件の契約を締結しているとのこと。


snkkoria001012.jpg


日本で先行公開された家庭用ゲーム機の「サムライスピリッツ」は、Unreal Engineで製作されており、グラフィッククオリティの面でグローバルに認められるレベルまで引き上げたもので、このゲームはSNKの未来を開くゲームになるだろうという将来の展望を明らかにしています。


snkkoria001013.jpg


アニメやグッズを始めとするIPベースのコンテンツ事業は、過去20億ウォンにとどまったが、ネオジオ ミニが目標であった200億ウォンに近い売り上げに達することが出来たとのこと。


以下、代表と副社長の質疑応答

Q:NEOGEO miniの販売台数はどれくらいか?また、NEOGEO 2、NEOGEO 3はネオジオミニの後継機を意味するのか?

A:国内でのネオジオミニの販売台数は数万の水準にとどまっている。ネオジオ2&3は後継機ではない。

Q:NEOGEO 2はNEGEO miniの後継機であるのか?

A:詳しく説明することはできないが、クローズド形態だったネオジオミニとは違い、オープンプラットフォームとの中間形態となる。

Q:KOF、サムライスピリッツの次はメタルスラッグIPが展開されるのか?

A:メタルスラッグは、テンセント傘下の子会社がモバイルゲーム向けの新作を開発している、それが最も期待作になる。それとは別に、コンソールゲーム向けのメタルスラッグも開発中だ。またグローバル市場では、30万本売れたSNKヒロインズのように、IP同士を結ぶ戦略を使うことがあるだろう。すでにSNKヒロインズについての問い合わせをしてくれているメーカーもある。

[SourceSNK, 다음은 ‘네오지오 2’와 ‘메탈 슬러그’ IP]

関連記事

気に入ったらシェア!

猫侍(管理人)
Writer: 猫侍(管理人)
趣味のゲーム情報をメインにPCやアニメなどのネタも取り扱っています。簡単に言いますと管理人の気になることを適当に取り上げているブログというわけです。れ・い・わ!!

コメント0件

コメントはまだありません