ソニーの次世代機PS5について、マーク・サーニー氏がスペック(Ryzen、SSD、レイトレ)などの概要を語る

2019年04月17日
PlayStation5 0
ps5markcerny001.jpg

アメリカのニュースメディア「WIRED (ワイアード)」が、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの本部があるカリフォルニア州フォスターシティを訪れ、リードアーキテクトを担当しているMark Cerny氏にインタビューをした記事を載せています(´・ω・`)b 画像は本文と関係ありません。


ps5markcerny006.jpg


次世代プレイステーションには、Zen 2マイクロアーキテクチャ採用の第3世代RyzenベースのCPU(7nmプロセス・8コア)、GPUに、レイトレーシングをサポートするRadeon Naviのカスタムが採用されており、3Dオーディオ用のカスタムユニットがAMDチップに含まれている。他、PS4に引き続き物理メディアも使うことやプレイステーション4との互換、PCよりも広い帯域幅があるソリッドステートドライブ(SSD)採用に加え、8Kグラフィックスもサポートする予定があるとのこと。


ps5markcerny002.jpg


サーニー氏は、レイトレーシングについて、ゲーム内でプレイヤーが特定の情報を新たに引き出す要因として役立つとし、3Dオーディオに関しては、PS3からPS4の進化をゲーマーとして見た場合、オーディオ周りがあまり変わらなかったことに少し不満があった。しかし、次世代コンソールではハードウェアの処理能力が上がり、劇的に変化したサラウンド効果を示せるだろうとしている。


ps5markcerny003.jpg


次世代コンソールでは、SSDにより読み込みスピードが劇的に速くなるようだ。これを実証するために、サーニー氏はスパイダーマンを用いてファストトラベルのロードを見せた。PS4 Proで15秒かかるのに対して、次世代プレイステーションの開発キット初期(低速)バージョンで、0.8秒という結果だった。ソリッドステートドライブ(SSD)では、より速い速度でレンダリングできるため、キャラクターがその世界全体を移動できるスピードが上がる、他に時間を稼ぐために作られたゲーム開始前のロゴ表示や選択画面、マルチプレイロビーでのロードアウトなどが高速化されるという利点があると言う。


ps5markcerny004.jpg


PlayStation VRの次世代機計画があるのかについて、サーニー氏は、VRは我々にとって非常に重要で、現在発売されているPSVRは次世代コンソールと互換性を持つと話すが、それ以上の言及は避けた。プレイステーションの次世代コンソールは、2019年に発売されないだろうとし、現在、多くのゲームスタジオが開発に取り組んでいる状況とのこと。


[SourceWIRED and Gematsu]


凄い家庭用ゲーム機が出来そうですけど、おいくら万円になるんだろうか…。2020年発売を目指しているんでしょうけど、今年のE3あたりで先に発表されるであろう似たようなハードウェア構成となりそうな次世代Xboxが指針となりそうですね(´・ω・`)

関連記事

気に入ったらシェア!

猫侍(管理人)
Writer: 猫侍(管理人)
趣味のゲーム情報をメインにPCやアニメなどのネタも取り扱っています。簡単に言いますと管理人の気になることを適当に取り上げているブログというわけです。れ・い・わ!!

コメント0件

コメントはまだありません