セルシェーディングのFPS『XIII サーティーン 大統領を殺した男』のリメイク版が現世代ゲーム機で復活

2019年04月19日
PlayStation4 0
fpsxiii001.jpg

フランスのパブリッシャーMicroïds(ミクロイズ)が、Twitterでセルシェーディング(トゥーンレンダリング)のFPS「XIII」が帰ってくると発表しました。レッドXIIIやFFXIIIではありません(´・ω・`)

追記:タイトルがシェーティングになっていたのを修正しました・・・。


下記の画像は当時の物で、新作とは関係ありません。
fpsxiii002.jpg


パブリッシャーのMicroidsとデベロッパーのPlayMagicは、2003年に発売された「XIII」のリメイクバージョンを、プレイステーション4、Xbox One、Nintendo Switch、PCおよびMac向けに発売すると発表しました。2019年11月13日発売予定で、パッケージ版とデジタル版の2種類が発売されるという話です。

「XIII」は、日本で2004年にPS2と初代Xbox、PC向けに発売されています。


fpsxiii003.jpg


以下、PS2版の内容説明

フランスで650万部を記録した大人気コミックを原作にしたアクションアドベンチャー。トゥーンレンダリングという技法を用い、原作の持つ雰囲気を再現。「大統領暗殺」、「洗脳」、「秘密結社」等時代を感じさせるキーワードをストーリーに散りばめ、単純なアクションゲームとは一線を画す。マルチアクション、多彩なミッション、映画さながらの演出と様々な要素を盛り込んでいる。


fpsxiii004.jpg


サーティーンを開発しているPlayMagicのCEO兼クリエイティブディレクターGiuseppe Crugliano氏は、名作をリメイクできる機会が与えられたことに興奮している。グラフィック、サウンド、アニメーションなど現代技術により素晴らしいものになる。オリジナル版が好きなファンにも気に入って貰えるはずだ。とコメントしています。



RAGE 2 - PS4 【CEROレーティング「Z」】
ベセスダ・ソフトワークス (2019-06-06)

関連記事

気に入ったらシェア!

猫侍(管理人)
Writer: 猫侍(管理人)
趣味のゲーム情報をメインにPCやアニメなどのネタも取り扱っています。簡単に言いますと管理人の気になることを適当に取り上げているブログというわけです。れ・い・わ!!

コメント0件

コメントはまだありません