ソニーの次世代機PS5の『Navi GPU』 GCNではなくAMDの新アーキテクチャ「RDNA」を採用している事が明らかに

2019年05月28日
PlayStation5 0
AMD刻印チップ画像

SONYのPlayStation、MicrosoftのXbox、GoogleのSTADIAと、AMDは次世代ゲーム戦争に抜かりのない体制ですね。来月のE3で発表されるであろう次世代Xboxのスペックがどうなるか気になるところ。ベースがPS5と似たような構成になると予想していますが、どう差別化が図られるかですね(´・ω・`)


AMD基調講演2019in台北その1


AMDは、COMPUTEX TAIPEI 2019で基調講演を開催し、次世代GPUを発表しました。このAMDの発表はソニーの次世代ゲーム機のハードウェア内容も含みます。

AMDの基調講演で、PS5はNavi GPUとRyzenの「Zen 2」CPUを搭載することが明らかになりました。これらは既にWiredとのインタビューで確認が取れていることなので新しい情報ではありません。しかし、知らされていなかった内容は、Navi GPUがGCNアーキテクチャを使わず、AMDによって開発された新しいRDNAアーキテクチャを使うということです。


AMDは次世代GPUを動かすこの新しい技術をRDNAと呼んでいます。次のような利点があります。

・以前のアーキテクチャに比べて1ワットあたり1.5倍の性能、1.25クロックあたりのパフォーマンスが向上
・新しい演算ユニットの設計 - 効率の向上とIPCの向上
・マルチレベルキャッシュヒエラルキー - 低遅延、高帯域幅、低電力
・合理化されたグラフィックスパイプライン - 1クロックあたりのパフォーマンスと高いクロック速度に最適化


プレイステーション5は同じアーキテクチャに基づくNavi GPUを使用しているので同様の恩恵を受けることになるでしょう。 AMDはPS5の為にNavi GPUのカスタムバリアントを開発しています。それについてのより多くの情報は次のE3で共有されるでしょう。


AMD基調講演2019in台北その2


新アーキテクチャ「RDNA」は、AMDのGPUを今後10年間強化するでしょう。 AMD Radeon RX5000シリーズはNavi GPUの最初のバッチです。 Raden RX 5700は7月末に発売予定で、RTX 2070よりもパフォーマンスが向上しています。RX5700の方がRTX 2070よりも10%速く実行されるという例が「STRANGE BRIGADE」のデモで示されています。

この新シリーズは、世界初のPCIe 4.0対応ゲーミングGPUとなります。価格や詳細は本日発表されませんでしたが、詳細の発表は6月10日に予定されています。それは、E3 2019とほぼ同じ時間で、マイクロソフトがE3で次世代コンソールを発表する予定だと伝えられています。AMDがそれに関しても言及することが予想されます。

▼Source

PS5 GPU Will Be Based on a New RDNA AMD Architecture Replacing GCN

AMD has announced their next-generation of GPUs at an event during Computex. This also includes the hardware for the PS5 that will be powered by AMD.


関連記事

気に入ったらシェア!

猫侍(管理人)
Writer: 猫侍(管理人)
趣味のゲーム情報をメインにPCやアニメなどのネタも取り扱っています。簡単に言いますと管理人の気になることを適当に取り上げているブログというわけです。れ・い・わ!!

コメント0件

コメントはまだありません