FF7リメイク PS4『ファイナルファンタジーVII REMAKE』はブルーレイディスク2枚組、分作の第一弾はミッドガル脱出までのストーリー

2019年06月15日
0
PlayStation4
FF7リメイクのエアリス

昨日公開されたので知っている方も多いと思いますが、2020年3月3日発売のFFVIIリメイクのプロデューサーである北瀬佳範氏がプロデューサーレターをだしています。そこには複数作に亘ってFF7リメイクが続くことやBlu-ray Discが2枚組になるということが明言されています。

ミッドガル内部構造の再設計や新規エピソードの追加など、リメイクに相応しいボリュームになっているみたいです。


f7bd2001.jpg


皆様こんにちは、『FINAL FANTASY VII REMAKE』プロデューサーの北瀬です。

5月の突然のアナウンスから、6月9日(現地時間)にロサンゼルスで行われたオーケストラコンサートでの発売日発表、そしてE3でのプレイアブル出展と、『FINAL FANTASY VII REMAKE』関連では怒涛の展開でしたが、ファンの皆様をお待たせした分、多くのサプライズで喜んでいただけたら幸いです。

リメイクをするにあたり、私たちがまず最初に重視したのは、『FINAL FANTASY VII』(原作)の世界観を最も象徴する「ミッドガル」を魅力的に描くということでした。ミッドガルの内部構造を新たに設計しなおし、そこに暮らす住民たちの生活描写や新規エピソードも加えました。最終的には原作での「ミッドガル脱出」までのストーリーを描くだけで、ブルーレイディスク2枚組という大容量となり、世界観や物語は充分な密度感とボリュームになりました。

それに伴ってキャラクターの成長やボスモンスターの配置も本作用に最適化したことで、1本の独立したゲームとして完全に再創造され、充分に遊びごたえのある作品になったと思っています。

今後、『FINAL FANTASY VII』リメイクプロジェクトは複数作に渡って展開をしていく予定ですが、まずは第一作目である、2020年3月3日の『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売をお楽しみにお待ちいただければと思います。

2019年6月14日
『FINAL FANTASY VII REMAKE』プロデューサー 北瀬佳範

SourceTwitter

ff7リメイク列車


ディスクの枚数で言えば、BD2枚組相当のボリューム → 相当だから2枚組じゃない → 公式にディスク2枚って書いてる → みたいな感じのループがネットで永遠と続いてたような気がしますけど、ハッキリ2枚組になるとわかって一安心?ですね。BD2枚ということでHDD or SSDの必要空き容量が凄いことになりそうな気配が…。100GBを超えるRDR2さん並になるんでしょうかね(´・ω・`)

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4
スクウェア・エニックス (2020-03-03)

関連記事
猫侍(管理人)
Posted by 猫侍(管理人)
趣味のゲーム情報をメインにPCやアニメなどのネタも取り扱っています。簡単に言いますと管理人の気になることを適当に取り上げているブログというわけです。れ・い・わ!!

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply