『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』 オンライン人口が丸わかり?100万人超えのPS4、スイッチ、XboxOne版のプレイヤー数を比較

2019年07月17日
PlayStation4 0
クラッシュレーシングニトロ

アクティビジョンから海外で2019年6月21日に発売された「クラッシュ・バンディクーレーシング ブッとびニトロ!」についての面白いデータがredditに投稿されていたのでご紹介。このゲームは日本ではまだ発売されていませんが、2019年8月1日にセガからPS4とニンテンドースイッチ向けに発売されます。


クラッシュレーシングニトロ


クラッシュ・バンディクー レーシングのオンラインリーダーボードでは、これまでオンラインに繋げたトータル人数が表示されるということで、各プラットフォームのプレイヤー数を載せた画像が貼られています。画像にはニトロリーダーボードと書いてあるので、期間限定イベントのニトロツアーグランプリ(7月2日~28日)のリーダーボード画面だと思われます。


Switch版17万1445人

Nintendo Switch版クラッシュレーシングニトロリーダーボード


PS4版101万7723人

PS4版クラッシュレーシングニトロリーダーボード
(Source:Reddit)


XboxOne版は画像がないのですが、プレイヤーの報告によると24万人を少し超えたくらいだという話です。これら3機種のオンライン接続者数を合算すれば、最低でどれくらい売れているかを示すものになるかと思います。もちろん、パッケージ版が販売されているので中古での購入や貸し借りなどもできますし、それにオフラインでも遊べるゲームなのでこの数字が全てというわけではありません。

この画像が本当なら、全世界のハード販売台数の割合で見てもPS4でプレイしているユーザーが圧倒的に多いという結果になりますね。日本では1ヶ月以上遅れでの発売になって残念ですが、チームソニックレーシングは十分堪能したので、次のレースゲームはこれで決まりでしょう(´・ω・`)b

関連記事

気に入ったらシェア!

猫侍(管理人)
Writer: 猫侍(管理人)
趣味のゲーム情報をメインにPCやアニメなどのネタも取り扱っています。簡単に言いますと管理人の気になることを適当に取り上げているブログというわけです。れ・い・わ!!

コメント0件

コメントはまだありません